セフレを積極的に探す



セフレがいるという人のタイプを考えると、これはおそらく、偶発的にできたというケースがもっとも多いのではないかという気がします。

探しは難しいですから、いくら積極的に探そうとしても、そう簡単にみつかるものではないというのが正直なところでしょう。

探し方を含め、出会いを見つけるときの「鉄則」とされるのが、「とにかく積極的に動く」ということですから、もちろん積極的に動けばセフレが見つからないというわけではありません。

恋人とは違うわけですから、中には複数つくる人もいます。これは、おそらく男性にとっては間違いなく望むべき状況であると言えます。

しかし、いくら偶発的にできやすいからといって、複数のセフレが偶発的にできるということはまずあり得ないと考えて間違いありません。

複数つくるのであれば、やはり「自分から積極的に動く」ことが有効であると言えるでしょう。

繰り返しになりますが、そう簡単なことではありません。当然積極的に動いても失敗に終わってしまうこともあるはずです。

しかし、本当に積極的な考え方であれば、失敗したとしてもまた次、そしてまた次という具合に、とにかく前がかりになって突き進んで行くのです。

定着するだけではなく、異なる複数のつくりたいと考える人であれば、このくらいの激しさがあっても悪くないのではないかと思います。

とにかく積極的に動くこと、これがセフレをつくる上での大前提となると言えるでしょう。

最新記事

  • セフレと出会えたのは偶然じゃない

    2014年6月1日

    私の知人で、つくることに成功した男がいますので、彼の体験談をここで紹介させていただきます。

    もともとはセフレをつくりたいと考えていたわけではなかったそうです。まあそれは男ですから、セフレがほしいかほしくないかで言えばもちろん「ほしい」というほうに大きく天秤の針が振れることになるはずですが、しかし「つくりたいか」と訊かれれば、ほとんどそんなことを意識したことがなかったというのが正直なところだったようです。

    ということで、彼が利用したのはよくウワサされる「出会い系サイト」とか「セフレサイト」などと呼ばれるサイトではなく、ふつうの「趣味友サイト」を利用していたそうです。そこである女性と知り合い、結果としてはその女性とセフレになったという、なんともうまい話があるものだと実感させられました。

    つくろうと思っていたわけではなかったわけですから、当然はじめから身体の関係になったというわけではありませんでした。あくまでも趣味友の一環としてのオフ会ということで、ふつうにお酒を飲んで楽しむというだけにとどまっていました。

    しかし、いくらオフ会とは言っても、男もいれば女もいるという会でしたから、自然と惹かれあう関係に発展していく男女もいたということで、まあそれはそれで悪い話ではないとは思いますが、私の知人もその女性にアプローチをしかけてみた、というのがその発端でした。

    ところが、その女性はすでに旦那さんもお子さんもいる女性だったということを知り、彼はちょっとばかり失望したようですが、しかし幸いにも、その女性もまた彼に好意を持っていたらしく、恋人は無理だけれど・・・ということで、ふたりの交際がスタートしたということです。

  • サクラ以外にも注意は必要なのです

    2014年5月30日

    セフレがほしいと考えている男性はとても多いはずです。というより、ほとんどの男性がほしいと考えているのではないでしょうか。しかし、実際につくろうと思う男性ともなると、その数は激減することになるでしょう。

    とは言え、実際に打って出る男性がまったくいないというわけではありません。どんな女性とでもいいから、セックスさえできれればそれでいいと考える男性だって少なくないのです。

    となると、どんな方法が有効であるかということになるわけですが、これはやはり、「出会い系サイト」や「セフレサイト」を利用することが望ましいと言えるでしょう。なかなか実社会の中でそんな都合のよい相手を見つけるのは困難です。

    出会い系サイトにしてもセフレサイトにしても、とにかく「サクラ」には注意しなければならないというのは、その手のサイトを利用する男性であればおそらくだれもが知っていることです。しかし、気をつけなければならないのはサクラばかりではないのです。

    サクラに気をつけて、あとは辛抱強く相手を探していれば、きっといつの日か出会うことができる可能性は高いでしょう。

    しかしながら、サイト内で話をして、実際に遭ってみたときにはじめて「セフレ探しに失敗した!」ということを実感してしまうことも稀にあるのです。

    とうのも、女性というのは時間をかけ、いろいろな手を駆使して自分の写真を「奇跡の1枚」として撮影することに長けている人が多いです。そのため、写真の交換などで送られてくる女性は、たいていキレイでかわいい女性なのです。

    ところが実際に会ってみたら、写真の本人とは判別できないレベルの女性だったということも珍しくないのです。

    こういう場合は、たとえ「どんな女性とでもセックスできればそれでいい」と考えている男性でも、正直言って引いてしまいます。
    そうなれば、たいていの場合「失敗だった!」と思うことになるはずです。

  • セフレ探しには失敗がつきもの

    2014年5月29日

    セフレをつくるのはとても難しいことです。簡単につくれてしまうとすれば、おそらく世の中恋人や夫婦という関係ではなく、この関係ばかりになってあふれかえってしまうのではないでしょうか。

    それだけラクな関係ですし、それでいながらちゃんと欲求を満たすことができるのがセフレですから、これはある意味「至福の関係」と言えるのではないでしょうか。

    ただ、現実はそう甘くはありません。当然そんなに簡単につくれるはずがありません。だからこそ、世の中には「恋人どうし」や「夫婦」といった関係の男女がたくさん成立しているのです。

    それだけに、つくろうとしても失敗してしまうなんていうケースは両手両足をつかっても数えきれないほど起こりうるのです。

    10回も失敗するとなると、「ああ、俺にはをつくるのはもう無理かな・・・」などと、ついつい弱気になってしまいますが、そこであきらめてしまったら、もうそこから先つくることができる可能性はほぼついえたということになるでしょう。

    そこで、これはセフレをつくる上の鉄則ですが、「失敗したときにすぐ次のアクションをとる」ということを、しっかりと肝に銘じていただきたいというふうに思います。

    迷ってしまったらダメです。つくりたいなら、とにかく前だけを見つめていればよいのです。終わったことを振り返っても、プラスがあまりありません。

  • セフレ作りに成功した体験談

    2014年5月28日

    セフレがほしいというのは、健全な男性であればある意味当たり前のことではあるとは思いますが、しかし多くの男性にとって、この発想はどちらかといえばちょっと現実離れしていて、むしろ「夢」を見ている状態に近いと言えるかもしれません。

    しかし、そんな夢のような話を実現してしまったという男性も世の中には少なくないのです。そんな男性は、きっとイケメンでいい車に乗っていて性格も優しいのではないか・・・などと思うかもしれませんね。

    しかし、ほしいと考えている女性からすると、そんなことは基本的にまったく関係ありません。

    中にはおもしろい話があります。セフレを探すのなら、やはりネットだろうと考え、私の知人のある男性はネット上の出会い系サイトに登録して探そうと考えました。

    しかしそれまでそういったサイトを利用したことがなかったその男性は、プロフィール欄に何を書いてよいのかわからず、「とりあえず腰が痛い。セフレは募集中です」とだけ書いたところ、ある女性から返事があったのだそうです。

    返事をもらってその男性は正直なところとても驚いたそうです。それはそうでしょう。まさかプロフィール欄に1行書いただけで女性から返事をもらえるとは思いません。これはだれだって同じです。

    しかし、これは後でわかることですが、その返事を送った女性というのが、なんと「マッサージ師のタマゴ」だったのだそうです。

    それがきっかけでふたりはセフレ関係になったそうですが、そういうことも、世の中にはあるんですね・・・
    という具合に、まあこういうレアなケースではありますが、たとえ夢であったとしても、何らかのアクションを起こすことが重要であるということが再認識できます。

  • セフレをづくりに失敗する理由

    2014年5月26日


    私の知人の男で、セフレ探しに見事に失敗してしまったという体験談がありますので、今回は、これについてお話してみたいと思います。

    彼は、セフレを探そうと思って出会い系サイトを利用することを考えました。実際ある有料出会い系サイトを利用したのですが、なんと、そこで予想外のことが起こったのです。

    というのも、それまで出会い系サイトを利用した経験がなかった彼は、事前に出会い系サイトとはどんなところなのかということについて調査していたのですが、それによって知ったのは、「出会い系サイトでは、そう簡単に女性からメールが届くようなことはない」ということでした。

    であるにもかかわらず、彼の元にたくさんのメールが届いたわけですから、彼が舞い上がってしまうのも無理はないでしょう。

    しかもその内容は、はじめから彼が「恋人ではなくセフレを探している」ということがわかっているような内容だったのです。であればということで、彼は来たメールのすべてに返事を書き、その女性たちとのやりとりをスタートしたのです。

    これはもしかしたら、一度に大量のセフレができるかもしれないと、彼は考えました。これは彼にとって最大のチャンスであり、ここは一気に勝負をかけるべきだと、そう判断したのです。かなりのお金をそのサイトに注ぎ込み、ゲットするぞと意気込んだのです。

    しかし、すでにみなさんにはおわかりのように、彼はほんとうにチェックしなければならないことをチェックしていなかったのです。これは彼にとって非常に痛恨でした。もちろん、その女性たちはすべて「サクラ」だったのです。

    やがて彼には金銭的な余力が尽き果て、これ以上のやりとりをその女性たちと繰り返すことを断念しました。そして彼は、とても大切なことを学んだのです。